1978年「Nike(ナイキ)」が誇る革新的なクッショニングシステム「Air(エア)」を初搭載した「Tailwind(テイルウィンド)」からスタートした「Air」の系譜。そのテクノロジーは他のスポーツカテゴリーでも活用され「Air Force 1(エアフォース1)」を始め、様々な名作を世に送り出しました。1987年に「Air」のビジブル化に成功した初代「Air Max 1(エアマックス1)」がリリースされ、その後も「Air Max(エアマックス)」シリーズはスニーカーバブルを生み出した「Air Max 95(エアマックス95)」や「ミッドソール」を「360°Air(360度エア)」で包み込んだ「Air Max 360(エアマックス360)」その後も毎年ニューモデルが発表され「Nike」のブランドフィロソフィを受け継ぎ、中核を担うプロダクトとして進化を続けています。

2015年には、初代「Air Max 1」のテレビコマーシャルが解禁され一般公開となった3月26日を祝うAir Max Day(エアマックスデー)がスタートし、同シリーズのプロトタイプとしてスケッチが残されていた「Air Max Zero QS(エアマックスゼロクイックストライク)」が登場し、2017年には長年に渡るチャレンジにより飛躍的な進化を遂げて遂に完成した「Air Vapormax Flyknit(エアヴェイパーマックスフライニット)」が満を持してローンチ。そして、2018年にはライフスタイルシーンに向けて新規開発された「Air」ユニットを搭載した「Air Max 270(エアマックス270)」、2019年には更なる進化を遂げた「Air Max 720(エアマックス720)」が登場し、世界的に「Nike」のイノベーティブな姿勢を提示しました。

そんな「Air Max」シリーズの中でもジェンダーレスな人気を誇り、2020年に生誕30周年を迎えた「Air Max 90(エアマックス90)」からオリジナルディテールを追求したリイシューモデルがリリース決定。

P1580449
P1580452
P1580450
P1580455
P1580451
P1580458
P1580465

1990年に拡大された「Visible Air(ビジブルエア)」を搭載し「Air Max 3(エアマックス3)」としてリリースされた「Air Max 90」は、90年代を象徴する「TPU(熱可塑性ポリウレタン)」パーツを「シューホールガード」や「ヒールパッチ」に使用し、そのデコラティブな機能美で当時のスニーカーシーンに大きなインパクトを残しました。

P1580446
P1580445
P1580418
P1580417
P1580440
P1580437
P1580441

今作はシルエットや「ステッチ」の入り方等、1990年にリリースされたオリジナルディテールを可能な限り再現。カラーリングにはオリジナルモデルを彷彿とさせるブロッキングをベースに採用し、当時を懐かしむスニーカーファンから昨今のスニーカーヘッズまで、幅広くフィットするモデルになっています。また生誕30周年を記念した特別仕様の「シューズボックス」を採用。

The Air Max 90 returns for the next generation, retooled with the elements that started a revolution. Featuring the authentic shape, original Swoosh and logo—this recraft isn’t a remake, it’s a reminder. Get the details straight from Air Max product line manager Reggie Hunter and footwear designer Juliana Sagat.

イノベーションカンパニーとしての「Nike」のフィロソフィを受け継ぎ、スポーツシーンやスニーカーカルチャーだけでは無く、様々なサブカルチャーに多大な影響を及ぼした「Air Max」シリーズ。ヒストリーを紐解きながら進化の歴史を再生する今作を足元から体感して見て下さい。

 

 

購入